中古物件の和式のトイレを洋式にリフォームしたい。費用はいくら?

中古物件の和式のトイレを洋式にリフォームしたい。費用はいくら?

トイレが和式の中古物件を購入して、用を足しにくいとお困りの場合は、洋式にリフォームするのがお勧めです。

そこで、今回の「誰でもわかる不動産売買」では、一戸建てやマンションなど、トイレが和式の中古物件を購入した方へ向けて、洋式にリフォームする費用の相場をご紹介しましょう。

なお、ご紹介するのは、本下水に繋がった水洗の和式のトイレを洋式にリフォームする費用の相場であり、ぼっとんと呼ばれる、汲み取り式のトイレをリフォームする費用ではないため、注意してください。

1. 和式から洋式トイレへのリフォーム費用の相場は、40~50万円程度

和式のトイレを洋式にリフォームする費用の相場は、既存の和式のトイレの状態や、リフォームする内容、依頼するリフォーム店により異なりますが、概ね40~50万円が相場で、内訳は以下のようになります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム費用の内訳け

項目 費用
既存の便器,床,壁の解体 5万円程度
給水、排水管工事 5万円程度
便器取り付け・及び内装工事 17万円程度
廃材撤去費用 3万円程度
新規便器,タンク代 10~20万円程度
合計 40~50万円程度

以上が和式のトイレを洋式にリフォームする費用の内訳です。

そして、和式のトイレを洋式にリフォームする際は、以下のような流れで施工します。

和式のトイレを洋式にリフォームする工事の流れ

1. 既存の便器やタンク、床、壁の撤去
まずは、既存の和式の便器やタンク、床や壁を撤去します。

トイレ内に和式のトイレならではの20cm程度の段差がある場合は、それも撤去し、床下の排水管を露出させ、トイレ内を何もない状態にします。

この際は、大きな騒音が出るため、リフォームする中古物件がマンションの場合は、近隣に事前に知らせておくのがお勧めです。
2. 給水管、排水管の位置の調整
トイレ内を何もない状態にした後は、新しく導入する洋式の便器に合わせて、給水管や排水管の位置を調整します。
3. 床や壁の造作
給水管や排水管の位置の調整が済めば、新しい床や壁を造作します。

最近のトイレは、ウォシュレットや暖房便座が付いているため、電源が必要です。

よって、壁を造作する際は、コンセントも設置します。

トイレ内にコンセントがあれば、トイレ内で暖房器具を使う際も便利です。
4. 新しい便器とタンクの取り付け
床や壁の造作が済めば、新品の洋式の便器とタンクを取り付けます。

新しく導入する便器やタンクの機種は、ご自分で決めたり、リフォーム店が勧めるものから決定するのが通例です。

なお、冒頭でご紹介したとおり、和式のトイレを洋式にリフォームする費用の相場は、概ね40~50万円ですが、標準的な便器やタンクを選べば40万円程度、高機能な便器やタンクを選べば50万円程度となります。

よって、予算に余裕がある場合は、高機能な便器やタンクを選び、リフォーム費用を安く抑えたい場合は、最低限の機能が付いたシンプルな便器やタンクを選ぶのがお勧めです。
5. クッションフロアや壁紙の貼り付け
新しい洋式の便器やタンクの取り付けが済めば、クッションフロアや壁紙を貼りつつ内装を済ませ、リフォームが完了します。

和式のトイレ

和式のトイレ

洋式のトイレ

2. 追加工事と、その費用の目安

和式のトイレを洋式にするリフォームの費用の相場は、概ね40~50万円とご紹介しましたが、これは標準的なリフォームを行う場合の価格です。

ここからは、標準的なリフォームに追加できる工事と、その追加工事の費用の目安をご紹介しましょう。

なお、リフォームは、一度にたくさんの箇所を施工したほうが、職人さんの移動費などを削減できるため、費用が安くなります。

よって、ご紹介する追加工事の費用の目安は、本リフォームに追加する場合に限り適用することが可能で、単体で施工する場合は、2~3割程度高額になるため注意してください。

2-1. 換気扇の取り付け(5~6万円程度)
築年数が古い一戸建ての中古物件を購入すると、トイレ内に換気扇がないことがありますが、そのような場合は、和式のトイレを洋式にリフォームする際に追加できます。

換気扇をトイレ内に追加する場合は、外壁に換気口を開ける工事や、電源を追加する工事などが必要で、それらの費用は概ね5~6万円程度です。

なお、既存の換気扇を新しい換気扇に取り替えることも可能で、その費用は概ね2~3万円ですが、購入した中古物件がマンションの場合は、汎用的な換気扇が取り付けできず、特注の換気扇を取り付けるなどして、費用が高額になることがあるため、注意してください。
2-2. 小便器の撤去(5~6万円程度)
和風の一戸建ての中古物件を購入すると、トイレ内に大便器と小便器があり、小便器が場所をとっていることがあります。

そのような場合は、小便器を撤去するのがお勧めです。

小便器の撤去費用は、概ね5~6万円となります。
2-3. トイレを広くする(15~25万円程度)
狭いトイレは、車椅子などが出入りできず、不便なことがあります。

そのような場合は、隣接する部屋との間仕切の位置を変更するなどして、トイレ自体を広くするのがお勧めです。

その費用は、中古物件の間取りや、広くする床面積により異なりますが、概ね15~25万円となります。

ただし、既存のトイレを広くすると、隣接する部屋が狭くなるため、注意してください。

また、トイレと隣接する部屋の間仕切が耐力壁(建物の倒壊を防ぐ壁)の場合は、間仕切りの位置を変更できず、思うようにトイレを広くできない場合があります。

そのため、トイレを広くするリフォームを希望する場合は、リフォーム店に現場を確認させつつ、トイレを広くできるか相談してください。
2-4. 窓を断熱窓にする(7~8万円程度)
トイレ内に古びた窓があり、冬の結露が多く不快な場合は、断熱窓にリフォームすることにより快適になります。

その費用は、窓のサイズにより異なりますが、概ね7~8万円です。

なお、購入した中古物件がマンションであり、管理組合との規約などにより窓を交換できない場合は、窓の内側に二重窓を設置することにより結露を防げます。

二重窓の設置は、管理組合との規則に反することがなく、設置費用は概ね4~5万円です。
2-5. 手洗器の追加
トイレ内で手を洗いたい場合は、トイレ内に小さな手洗器を追加するのがお勧めです。

トイレ内に手洗器を追加する場合は、手洗器自体や、給水管や排水管の増設、壁に手洗い器を取り付けるための下地の造作などが必要となります。

費用の目安は、導入する手洗器のグレードにより異なりますが、概ね10~15万円程度です。

なお、購入した中古物件がマンションであり、給水管や排水管が増設できない場合は、手洗器への給水や、手洗器からの排水の処理も行える、給排水統合タイプの便器と、その便器に取り付けできる手洗器を導入することにより、リフォームが可能になります。

その費用の目安は、導入する便器や手洗器のグレードにより異なりますが、30~35万円が目安です。

3. 和式のトイレを洋式にリフォームする全体的な流れ

「和式のトイレを洋式にリフォームする工事の流れ」にて、和式のトイレを洋式にリフォームする工事の流れをご紹介しましたが、はじめてリフォームを行う場合は、代金の支払い方法などが分からず不安です。

そこで、どこにリフォームを依頼するか、支払いはどうするかなど、和式のトイレを洋式にリフォームする全体的な流れをご紹介しましょう。

1. リフォーム店を探す
まずは、リフォームを依頼するリフォーム店を探します。

和式のトイレを洋式にリフォームする際は、最寄りのリフォーム店や工務店、ホームセンターや大型家電量販店のリフォームコーナーに依頼するのがお勧めです。

また、ネットで情報を公開するリフォーム店に相談するもの良いでしょう。
2. 複数のリフォーム店から見積もりを取る
リフォーム店の見当が付けば、お店に直接出向くなどして、見積もりを依頼します。

なお、和式のトイレを洋式にリフォームする際は、2つから3つのリフォーム店で見積を取り、信頼できる価格を提示する業者にリフォームを依頼するのがお勧めです。
3. リフォーム店の決定とリフォームの開始
リフォームを依頼するリフォーム店が決まれば、リフォーム店と工事請負契約を結びつつ、リフォームが開始されます。

トイレのリフォームは、だいたい2~3日で完了しますが、リフォーム中はトイレが利用できないため、注意してください。

なお、購入した中古物件が庭付きの一戸建ての場合は、庭に仮設トイレの設置しつつ、リフォーム中に利用するという手があります。

仮設トイレのレンタル費用の相場は、概ね2~3万円で、リフォーム店に依頼すれば手配してくれます。
4. リフォーム完了
リフォームが完了し、内容に納得できれば代金を支払います。

代金は、工事の完了後1~2週間以内に、指定された口座に振り込むのが通例です。

4. 汲み取りを洋式にするリフォームの費用は、100~120万円程度

トイレが和式の中古物件を購入した方へ向けて、洋式のトイレにリフォームする費用の相場をご紹介しました。

和式のトイレは用が足しにくく、冬場は冷えるため、洋式にリフォームするのがお勧めです。

なお、ご紹介した費用の相場は、水洗の和式のトイレを洋式にリフォームするものですが、汲み取り式のトイレを水洗の洋式にリフォームする費用の相場は、100~120万円程度となります。

これから、汲み取り式のトイレが付いた中古物件を購入しようとする方がいらっしゃいましたら、参考にしてください。

失礼いたします。