中古物件の和室を洋室にリフォームしたい。費用の相場を解説

中古物件の和室を洋室にリフォーム。費用の相場をプラン別に紹介

築年数が古い中古物件の部屋は、畳敷きの和室が多く、椅子やテーブルなどを置けず不便です。

しかし、和室は洋室にリフォームすることが可能で、リフォームすれば便利になります。

そこで、今回の「誰でもわかる不動産売買」は、中古物件の購入を希望する方へ向けて、和室を洋室にリフォームする費用の相場をご紹介しましょう。

1. リフォーム費用は規模により異なり、30万円~120万円程度

和室を洋室にリフォームする費用は、リフォームの規模により異なり、安い場合は30万円程度、高くなると120万円程度が相場です。

以下に、中古物件の和室を洋室にリフォームする際の費用を予算別でご紹介します。

なお、ご紹介するリフォームの費用は目安であり、依頼するリフォーム店や、導入する建材のグレードにより差が出るため、注意してください。

1-1. プラン1. 30万円~45万円で和室を洋室風に「あっさり」リフォーム

予算が30万円~45万円の場合は、6帖や10帖の和室を「あっさり」と洋室風にリフォームできます。

和室を洋室にリフォームする場合における、30万円~45万円の予算でリフォームできる箇所は以下のとおりです。

予算30万円~45万円 ~和室を洋室に「あっさり」リフォーム~

リフォーム箇所 費用の目安(6帖) 費用の目安(10帖)
板張りの天井に壁紙を貼る 5万円程度 8万円程度
壁紙の貼り替え 5万円程度 8万円程度
畳をフローリングに 10万円程度 15万円程度
押し入れをクローゼットに 10万円程度 15万円程度
合計 30万円程度 45万円程度

以上が30万円~45万円の予算でできる、リフォームの内容です。

畳をフローリングにすれば、椅子やテーブルなどを置きやすくなり、壁紙を貼り替えれば、部屋が明るくなります。

なお、壁紙の貼り替えは6帖で5万円、10帖で8万円とご紹介しましたが、既存の壁が砂壁の場合は、直接壁紙を貼ることができず、シーラー(接着剤が砂壁に染み込まないように塗る塗料)による下地処理が必要となり、工事費用が3万円~4万円程度追加されるため、注意してください。

また、畳をフローリングにする際は、床下に断熱材を施すのがお勧めです。

断熱材を施すと、3万円~4万円程度の追加費用が必要ですが、床下に断熱材が入っていれば、冬の床冷えが多少やわらぎます。

1-2. プラン2. 55万円~80万円で和室を洋室に「ほどよく」リフォーム

55万円~80万円の予算があれば、ほどよく和室を洋室にリフォームできます。

55万円~80万円の予算でリフォームできる箇所は以下のとおりです。

予算55万円~80万円 ~和室を洋室に「ほどよく」リフォーム~

リフォーム箇所 費用の目安(6帖) 費用の目安(10帖)
天井の作り変え 6万円程度 9万円程度
天井にクロスを貼る 3万円程度 5万円程度
真壁を大壁に作り変える 20万円程度 25万円程度
壁にクロスを貼る 5万円程度 8万円程度
畳をフローリングに 10万円程度 15万円程度
押し入れをクローゼットに 10万円程度 15万円程度
合計 55万円程度 80万円程度

以上が30万円~45万円の予算でできる、リフォームの内容です。

注目していただきたいリフォーム箇所は、プラン1にはない「真壁を大壁に作り変える」という項目です。

真壁とは、壁から柱が出ている和室ならではの壁を表し、大壁とは、壁から柱が出ていない、洋室ならではのスッキリとした壁を表します。

「真壁を大壁に作り変える」というリフォームを行わない「プラン1」では、和洋折衷という仕上がりになりますが、真壁から大壁に作り変えれば、和室を洋室らしく演出することが可能です。

また、プラン1では、天井のリフォームはクロスを貼るだけとなっていますが、プラン2では天井を作り変えるため、天井裏に断熱材を施すこともできます。

天井裏に断熱材を施すと、3万円~4万円程度の追加費用が必要ですが、天井裏に断熱材が入っていれば、冬に暖房が効きやすくなり、光熱費を節約できます。

真壁の和室

真壁の和室

大壁の洋室

大壁の洋室

1-3. プラン3. 85万円~125万円で和室を洋室に「完全」リフォーム

85万円~125万円の予算があれば、和室を洋室に完全にリフォームできます。

85万円~125万円の予算でできるリフォームは以下のとおりです。

予算85万円~125万円 ~和室を洋室に「完全」リフォーム~

リフォーム箇所 費用の目安(6帖) 費用の目安(10帖)
天井の作り変え 6万円程度 9万円程度
天井にクロスを貼る 3万円程度 5万円程度
真壁を大壁に作り変える 20万円程度 25万円程度
壁にクロスを貼る 5万円程度 8万円程度
畳をフローリングに 10万円程度 15万円程度
押し入れをクローゼットに 10万円程度 15万円程度
窓をアルミサッシに 20万円程度(※1) 35万円程度(※2)
出入口の引戸をドアに 10万円程度 10万円程度
合計 85万円程度 125万円程度

※1 掃出し窓をアルミサッシに新調した場合の費用
※2掃出し窓と腰掛け窓をアルミサッシに新調した場合の費用

以上のリフォームを行えば、和室を洋室に完全にリフォームできます。

注目していただきたいリフォーム箇所は、プラン1やプラン2にはない窓と出入り口のリフォームです。

既存の窓をアルミサッシに、襖などの出入り口をドアにリフォームすれば、和室が完全に洋室に変わり、見違えます。

なお、窓をリフォームする際は、必ず窓枠も新調してください。

中古物件の窓枠は経年により汚れが目立ちますが、新調すれば部屋の見栄えが良くなり、清潔感が向上します。

また、窓を取り替える際は、予算が許すようであれば、断熱窓にリフォームするのがお勧めです。

断熱窓にリフォームするには、1箇所につき4~5万円程度の追加費用が必要ですが、冬の結露が減り、暮らしやすくなります。

窓枠

窓枠とは、窓の周りにある木枠

2. 間仕切りを撤去しつつ、2つの和室を1つの洋室にできる?

築年数が古い中古物件は、部屋が細かく区切られていることがあり、何かと不便です。

そのような場合は、間仕切りを撤去すれば、2つの小さな和室を1つの洋室にリフォームできます。

しかし、間仕切りは、撤去できる場合とできない場合があるため、注意してください。

以下に、間仕切りを撤去できる場合と、できない場合をご紹介します。

2-1. 間仕切りが撤去できない場合
間仕切りが耐力壁(地震での倒壊を防ぐために設けられた壁)の場合は、残念ながら撤去できません。

また、間仕切りの中に柱や筋交いが入っている場合も、撤去することは難しくなります。

理由は、耐力壁や、柱や筋交いが入っている壁は、建物の耐震性を向上するために設けられた壁であり、撤去すると、地震で倒壊する虞があるためです。

ただし、撤去を希望する間仕切りが耐力壁であったり、中に柱や筋交いが入っていても、その他の壁を耐力壁に変更することにより耐震性が保てる場合は、その間仕切りを撤去できる場合があります。

その判断には、建築士による構造計算が必要です。

よって、間仕切りが撤去できるか否かは、建築士が在籍するリフォーム店や工務店に確認する必要があります。

なお、鉄筋コンクリート造りのマンションの室内にある間仕切りが、耐力壁であることは稀です。

そのため、購入を希望する中古物件がマンションの場合は、大抵の場合、間仕切りは撤去できます。
2-1. 間仕切りが撤去できる場合
間仕切りが耐力壁ではない場合や、建物の倒壊を防ぐための柱や筋交いが入っていない場合は、撤去することが可能です。

また、先にもご紹介しましたが、購入を希望する中古物件がマンションの場合は、大抵の場合、撤去できます。

なお、間仕切りを撤去する際の費用は、単に間仕切りを撤去するだけであれば、10万円~15万円程度ですが、同時にリフォームをする場合は、それに加え、「プラン1」「プラン2」「プラン3」でご紹介した費用が掛かるため、注意してください。

3. 耐震改修工事を行えば、自治体から補助金が出る

中古物件の和室を洋室にリフォームするための費用の相場をご紹介しました。

和室を洋室にリフォームすれば、中古物件の内装が見違えるほど綺麗になります。

中古物件の和室のリフォームを検討する方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてください。

なお、「間仕切りを撤去しつつ、2つの和室を1つの洋室にできる?」にて、間仕切りの撤去についてご紹介しましたが、間仕切りを撤去しつつ耐震改修工事を行えば、自治体から補助金が出る場合があります。

その額は自治体により異なりますが、上限は70万円~80万円程度です。

詳しくは、中古物件が所在する市区町村役場にお問い合わせください。