中古住宅を購入すると仲介手数料はいくら?(思いのほか高い)

中古住宅を購入すると仲介手数料はいくら?

不動産を購入する際は様々な諸費用が必要ですが、思いのほか高くつくのが仲介手数料で、2,000万円の中古住宅を購入すると、最高66万円(税別)にもなります。

中古住宅の購入を希望する方へ向けて、仲介手数料がいくらになるか計算する方法と、いつ支払う必要があるかご紹介しましょう。

1. 仲介手数料は、最大で「物件代金の3%+6万円」

中古住宅を購入する際は、その中古住宅を仲介する不動産業者に仲介手数料を支払う必要があります。

仲介手数料は、中古住宅の購入価格により異なり、国土交通大臣により以下のように上限が定められています。

仲介手数料の上限

中古住宅の購入価格 仲介手数料の上限
400万円超 購入価格の3%+6万円
400万円以下200万円超 購入価格の4%+2万円
200万円以下 購入価格の5%

仲介手数料には、さらに消費税が加算される

それでは、ご紹介した上限を用いて中古住宅の仲介手数料を計算してみましょう。

1,000万円の中古住宅を購入すると「1000万円×3%+6万円=36万円」となり、仲介手数料は36万円です。

また、2,000万円の中古住宅を購入すると「2000万円×3%+6万円=66万円」で、仲介手数料は66万円となります。

なお、仲介手数料には消費税が課せられるため、1,000万円の中古住宅を購入すると税込み388,800円(税率10%時は396,000円)、2,000万円の中古住宅を購入すると税込み712,800円(税率10%時は726,000円)です。

このように仲介手数料は高額になるため、中古住宅を購入する際は、仲介手数料を含めた予算を立てるように注意してください。

中古住宅に購入にかかる仲介手数料はいくら?

2. 仲介手数料はいつ払う? 仲介手数料を支払うタイミング

中古住宅を購入する際は仲介手数料が必要で、思いのほか高額です。

そこで気になるのが、不動産業者に仲介手数料を支払うタイミングですが、住宅ローンで購入する場合と現金で購入する場合により異なり、以下のようになります。

なお、ご紹介するのは一般的な例で、不動産業者により仲介手数料を支払うタイミングが異なる場合があるため注意してください。

住宅ローンで中古住宅を購入する流れと仲介手数料を支払うタイミング

  • 中古住宅を探す
  • 理想の物件が見つかり次第、売主に購入申込書を提出する
  • 不動産業者と媒介契約を締結する
  • 不動産業者から重要事項説明を受ける
  • 売主と売買契約を締結しつつ手付金を支払う
  • 不動産業者に仲介手数料の半額を支払う
  • 住宅ローンの仮審査に申し込む
  • 住宅ローンの本審査に申し込む
  • 融資が実行される
  • 売主に中古住宅の代金の残金を支払う
  • 不動産業者に仲介手数料の残金を支払う
  • 中古住宅が引き渡される

現金で中古住宅を購入する流れと仲介手数料を支払うタイミング

  • 中古住宅を探す
  • 理想の物件が見つかり次第、売主に購入申込書を提出する
  • 不動産業者と媒介契約を締結する
  • 不動産業者から重要事項説明を受ける
  • 売主と売買契約を締結しつつ手付金を支払う
  • 不動産業者に仲介手数料を一括で支払う
  • 売主に中古住宅の代金の残金を支払う
  • 中古住宅が引き渡される

まとめ - 個人売買は仲介手数料を節約できるが、避けた方が無難

中古住宅を購入する際に、不動産業者に支払う仲介手数料の金額を計算する方法と、支払うタイミングをご紹介しました。

仲介手数料は思いのほか高額になるため、中古住宅を購入する際は、予算に入れ忘れないように気を付けてください。

また、ご紹介した仲介手数料はあくまで上限であり、全ての不動産業者が必ず上限を請求するわけではありません。

ただし、過度に仲介手数料が安いことを謳う不動産業者が仲介する中古住宅は、中古住宅そのものの値段が高く設定されている可能性があるため注意してください。

仲介手数料が安くても、本体価格が高ければ結局は高くつきます。

なお、不動産業者を仲介させず個人売買すれば、仲介手数料を節約できますが、中古住宅を個人売買すると売買契約があいまいになり、物件の引き渡し後に瑕疵(欠陥)が見つかった際に、誰が修繕費用を負担するかなどで問題になります。

そのため、仲介手数料を節約するために、むやみに個人売買に手を出さないように注意してください。

ちなみに、当サイトでは、中古住宅の個人売買に潜むリスクを解説するコンテンツ「中古住宅を購入したい。個人売買にはどんなリスクがある?」も公開中です。

お時間のある方はぜひご覧ください。失礼いたします。