中古住宅を購入する際の必要書類をわかりやすく解説

中古住宅を購入する際の必要書類をわかりやすく解説

中古住宅を購入する際は、いくつかの書類が必要です。

必要となる書類は、中古住宅を購入する際に不動産業者から指示されますが、事前に把握しておけば手間取りません。

これから中古住宅を購入する方へ向けて、中古住宅を購入する流れと、各段階で必要となる書類をわかりやすく解説しましょう。

1. 中古住宅を現金で購入する流れと必要書類

中古住宅を現金で購入する際の必要書類は、主に住民票、身分証明書、印鑑証明書などとなっています。

中古住宅を現金で購入する流れと、各段階の必要書類をご紹介しましょう。

1. 物件探しと購入申し込み(必要書類:なし)

中古住宅を購入する第一歩は物件探しで、理想の中古住宅が見つかり次第、その中古住宅を仲介する不動産業者をとおして、売主に購入申込書を提出します。

購入申込書とは、その中古住宅を購入する意思があることを伝えるもので、署名捺印しつつ提出し、売主が内容に納得すれば、売買に関する交渉が開始されます。

この際の必要書類は購入申込書ですが、購入申込書は不動産業者が用意するため、売主が準備する必要はありません。

また、購入申込書への捺印は認印で構いません。

なお、購入申込書には法的拘束力がなく、いつでも無条件でキャンセルできます。

2. 不動産業者との媒介契約の締結(必要書類:なし)

売主が購入申し込みに受諾すれば、売買契約の締結を目指しますが、その前に、その中古住宅を仲介する不動産業者と媒介契約を締結します。

媒介契約とは、その不動産業者を仲介させつつ中古住宅を購入することを約束するもので、媒介契約書に署名捺印することにより締結されます。

この際の媒介契約書は不動産業者が用意するため、買主が準備する必要はなく、捺印は認印で構いません。

3. 重要事項説明を受ける(必要書類:なし)

不動産業者と媒介契約を締結した後は、不動産業者から重要事項説明を受けます。

重要事項説明とは、中古住宅の現状が口頭にて説明されるもので、内容に納得すれば、重要事項説明書(重要事項説明の内容を書面に起こしたもの)に署名捺印します。

重要事項説明書は不動産業者が用意するため必要書類は不要で、捺印は認印で構いません。

4. 売買契約の締結(必要書類:身分証明書など)

重要事項説明書への署名捺印が済めば、売主と売買契約を締結し、売主に手付金を支払います。

売主との売買契約は、売買契約書に署名捺印することにより締結され、売買契約自体に必要となる書類はありません。

しかし、買主が本人であることを確認するために、売買契約の直前に不動産業者から身分証明書の提示を求められることがあります。

そのため、売買契約を締結する際は、運転免許証やパスポートなど、顔写真が付いている身分証明書を持参するのが理想です。

また、売買契約書への捺印は認印でも構いませんが、同じく買主が本人であることを確認するため、不動産業者から実印での捺印と、印鑑証明書の提示を求められることがあるた留意してください。

5. 代金決算と所有権移転登記(必要書類:住民票)

売買契約が済めば、売主に中古住宅の代金を支払い、所有権移転登記の手続きが開始されます。

所有権移転登記とは、不動産の名義を売主から買主に変更するもので、法務局(法務省の地方支部部局)に出向く必要があるなど手続きが複雑です。

そのため、所有権移転登記は、司法書士に代行させます。

そして、司法書士が法務局で手続きを代行する際は、買主の住民票の提示を求められます。

よって、所有権移転登記の手続きを開始する際は、代行する司法書士に住民票を預けなくてはなりません。

なお、所有権移転登記に必要となる住民票の作成期限は特に定められていませんが、可能な限り新しい住民票を用意するのが理想です。

古い住民票を預けると、内容が変更されているなどの理由で、手続きに要する日数が長くなることがあります。

6. 中古住宅の引き渡し(必要書類:なし)

売主への代金の支払いが済み、所有権移転登記の手続きが開始されれば、中古住宅が引き渡されます。

引き渡しを受ける際に必要なものはなく、書類への署名捺印も不要です。

なお、所有権移転登記は通常1週間ほどで完了し、完了後は、司法書士から名義が変更されたことを証明する登記簿(中古住宅の名義などに関する情報が記載された公の帳簿)の写しがご自宅に郵送されます。

中古住宅を現金で購入する際の必要書類

まとめ - 必要書類は、不動産業者により異なる

中古住宅の購入を希望する方へ向けて、中古住宅を現金で購入する流れと必要書類をご紹介しました。

中古住宅を現金で購入する際は、ローンで購入するより必要書類が少なく、所有権移転登記のために必要となる住民票と、本人確認のために必要となる身分証明書や印鑑証明書などとなっています。

ただし、購入を希望する中古住宅を仲介する不動産業者によっては、その他の書類の提示を求められることがあるため、事前に不動産業者に必要書類を確認するように注意してください。