知らなきゃ損!中古住宅を購入すると戻ってくるお金のいろいろ

知らなきゃ損!中古住宅を購入すると戻ってくるお金のいろいろ

中古住宅を購入した後は、引っ越し費用や不動産取得税の支払いなど出費が嵩みます。

また、想定外の修繕費用などが必要になることもあり、なにかと物入りです。

そこで、今回の「誰でもわかる不動産売買」では、中古住宅の購入を希望する方へ向けて、中古住宅を購入することにより戻ってくるお金や、もらえるお金をご紹介しましょう。

1. 住宅ローン減税(毎年最高20万円など)

中古住宅を購入して戻ってくるお金といえば、なんといっても住宅ローン減税です。

住宅ローン減税とは、返済期間が10年を超える住宅ローンを利用しつつ、一定の条件を満たした住宅を購入した場合に、会社勤めの方は所得税の一部が戻り、自営業の方は確定申告後に納付する所得税が減税される仕組みを表します。

中古住宅を購入して住宅ローン減税で戻ってくるお金と、お金が戻ってくる期間は以下のとおりです。

住宅ローン減税で戻ってくるお金
その年の所得税、または20万円を上限とする、その年の年末の住宅ローン残高の1%

住宅ローン減税でお金が戻ってくる期間
10年間

上記は、消費税が課せられない一般的な中古住宅を購入した場合に限り適用され、不動産業者が販売する10%の消費税が課せられる中古住宅を購入した場合などは、戻ってくるお金の上限が増え、戻ってくる期間も13年間に延長されます。

なお、中古住宅を購入しつつ住宅ローン減税を適用させるためには、以下の条件などを満たす必要があるため注意してください。

住宅ローン減税が適用される条件の一例
・自己の居住用の中古住宅を購入した
・床面積が50㎡以上の中古住宅を購入した
・木造住宅の場合は築20年以内、鉄筋コンクリート造のマンションなどの場合は築25年以内の中古住宅を購入した(耐震性に優れた中古住宅を購入した場合はこの限りではない)

住宅ローン減税について詳しくは「住宅ローン減税制度の概要|すまい給付金」をご覧ください。

中古住宅を購入して戻ってくるお金その1「住宅ローン減税」

2. すまい給付金(最高50万円など)

売りに出されている中古住宅の多くは、個人が不動産仲介業者を仲介させつつ売り出されている物件で、個人が売り出す中古住宅は消費税が掛かりません。

しかし、売りに出されている中古住宅には、不動産業者が直接販売する物件が存在し、不動産業者が販売する中古住宅は消費税が掛かります。

そこで、不動産業者が販売する中古住宅を購入した際に、支払った消費税が戻ってくる制度が「すまい給付金」です。

すまい給付金では、8%の消費税が加算された中古住宅を購入した場合は最大30万円が、10%の消費税が加算された中古住宅を購入した場合は最大50万円が戻ってきます。

ただし、すまい給付金でお金を戻すためには、以下の条件などを満たす必要があるため注意してください。

すまい給付金でお金が戻ってくる条件の一例
・床面積が50㎡以上の中古住宅を購入した
・本人が居住するために中古住宅を購入した
・耐震性に優れるなど、高品質な中古住宅を購入した

中古住宅を購入しつつ「すまい給付金」による還付を受けられる条件は、当サイトのコンテンツである「中古住宅の購入を対象とする「すまい給付金」の受給条件を解説」にてわかりやすくご説明中です。

お時間のある方は、ぜひご覧ください。

中古住宅を購入して戻ってくるお金その2「すまい給付金」

3. 地方公共団体からの補助金(30万円など)

一定の条件を満たした中古住宅を購入すれば、地方公共団体から「補助金」という名目でお金が戻ってくる場合があります。

全ての地方公共団体が補助金制度を実施しているわけではありませんが、令和元年現在、800を超える市区町村で補助金制度を実施中です。

以下に地方公共団体の補助金制度の一例をご紹介しましょう。

なお、当サイトでは、令和元年における日本全国各地の800を超える補助金制度をご紹介するコンテンツ「中古住宅の購入で受給できる840の補助金を一挙紹介」も公開中です。

お時間のある方は、こちらもご覧ください。

神奈川県厚木市「親元近居同居住宅取得等支援事業補助金制度」

厚木市外に住む方が、厚木市内で親と同居や近居をはじめるために中古住宅を購入すれば、同居の場合は60万円、近居の場合は40万円が戻ってきます。

詳細は「親元近居・同居住宅取得等支援事業補助金 | 厚木市」にて確認することが可能で、お申し込みの際は、中古住宅の売買契約書や、購入した中古住宅が写っている写真などの提示が必要です。

兵庫県三木市「結婚新生活支援事業」

総所得金額が340万円未満、夫妻共に34歳以下の新婚夫婦の方が三木市内で中古住宅を購入すれば、30万円が戻ってきます。

詳細は「新婚生活を始められる方へ - 三木市ホームページ」にて確認することが可能で、お申し込みの際は、中古住宅の売買契約書や婚姻届受理証明書などの提示が必要です。

中古住宅を購入して戻ってくるお金その3「地方公共団体の補助金」

まとめ - 制度を利用する際は、申告や申請を忘れずに

中古住宅の購入を希望する方へ向けて、中古住宅を購入することにより戻ってくるお金や、もらえるお金をご紹介しました。

一定の条件を満たしつつ中古住宅を購入すれば、住宅ローン減税により所得税の一部が戻ってくるなど、還付金が期待できます。

中古住宅を購入した後は何かと物入りになるため、もらえるお金は貰っておくのが良いでしょう。

なお、ご紹介したお金が戻ってくる制度は、住宅ローン減税は確定申告が、すまい給付金と地方公共団体の補助金制度は申請が必要です。

そのため、お金が戻る条件を満たしつつ中古住宅を購入した場合は、忘れず申請するように気をつけてください。

また、ご紹介した制度は、どれも適用される条件が複雑で、お金を戻すためには、様々なハードルをクリアしなければなりません。

よって、ご紹介した制度の利用を目指しつつ中古住宅を購入する場合は、中古住宅の売買契約を締結する前に、国税庁や地方公共団体などに制度の詳細を問い合わせ、お金が戻ってくる条件を確認するように注意してください。

特に、住宅ローン減税を適用させるための条件は複雑であり、所得金額などに応じて戻ってくる金額が細かく変化します。