中古住宅には消費税が掛かる?掛かる物件と掛からない物件の違い

中古住宅には消費税が掛かる?掛かる物件と掛からない物件の違い

中古住宅を購入する際は、消費税が掛かるか不安になります。

中古住宅は自動車などより高額なため、消費税が掛かる場合は、予算を見直さなければなりません。

そこで、今回の「誰でもわかる不動産売買」では、一戸建ての中古住宅や中古マンションの購入を希望するものの消費税が気になる方へ向けて、消費税が掛かる中古住宅の条件や、中古住宅の消費税を計算する方法をご紹介しましょう。

1. 消費税が掛かる中古住宅と掛からない中古住宅の違い

中古住宅は、一戸建てや中古マンションを問わず、消費税が掛かる物件と掛からない物件があります。

違いをわかりやすく解説しましょう。

消費税が掛かる中古住宅

収益を目的として販売されている中古住宅や、事業用として活用されていた中古住宅を購入する場合は消費税が掛かります。

たとえば、不動産業者が直接販売する中古住宅は、収益を目的として販売されているため消費税が課せられます。

また、個人事業者が収益用物件として活用していた中古住宅を購入する場合も、同じく消費税が課せられます。

ただし、不動産売買に関する消費税は、建物の売買のみに課せられ、土地の売買には課せられません。

そのため、消費税が掛かる中古住宅を購入する場合は、その中古住宅の販売価格そのものに消費税が課せられるわけではなく、建物部分の販売価格のみに消費税が課せられます

消費税が掛からない中古住宅

個人が売りに出す、マイホームとして使用されていた中古住宅を購入する場合は、消費税は掛かりません。

たとえば、アットホームなどの不動産検索サイトに掲載されている中古住宅の多くは、個人が不動産仲介業者を仲介させつつ売りに出す、マイホームとして使用されていた物件ですが、これに該当する物件には消費税は課せられません。

また、個人が売りに出す、別荘として使用されていた中古住宅を購入する場合も、同じく消費税は課せられません。

つまり、個人が売りに出す、事業用として活用されなかった中古住宅を購入する場合は、消費税が掛からないというわけです。

消費税が掛かる中古住宅と掛からない中古住宅の違い

2. 中古住宅の消費税を計算する方法

不動産業者が直接販売する中古住宅や、個人事業者が収益用物件として利用していた中古住宅を購入すると消費税が掛かります。

ただし、中古住宅の消費税は、建物部分の販売価格のみに課せられ、土地部分の販売価格には課せられません。

しかし、多くの中古住宅は建物と土地のセットで売りに出され、建物部分だけの価格を算出するのは困難であり、建物部分の価格が分からなければ消費税額を算出できません。

そのため、中古住宅の消費税は以下の方法で計算します。

1. 建物部分と土地部分の固定資産税評価額を調べる

まずは、中古住宅の建物部分と土地部分の固定資産税評価額を調べます。

固定資産税評価額とは、不動産の固定資産税(不動産の所有者に毎年課せられる地方税)を算出するための評価額です。

購入を希望する中古住宅の建物部分と土地部分の固定資産税評価額は、その物件を取り扱う不動産業者や、その物件が所在する市区町村の役場に問い合わせることにより確認できます。

ただし、購入する前の中古住宅の固定資産税評価額を市区町村役場で確認するためには、売主の委任状が必要となるため注意してください。

固定資産税評価額の例
・建物部分の固定資産税評価額 ⇒ 500万円
・土地部分の固定資産税評価額 ⇒ 1000万円

2. 建物と土地の固定資産税評価額の割合を計算する

つぎに、建物部分の固定資産税評価額を「建物部分の固定資産税評価額+土地部分の固定資産税評価額」で割り、建物部分の固定資産税評価額の割合と、土地部分の固定資産税評価額の割合を算出します。

計算例
・建物部分の固定資産税評価額(500万円)÷「建物部分の固定資産税評価額+土地部分の固定資産税評価額(1500万円)」= 0.33
・建物部分の固定資産税評価額は全体の約33%、土地部分の固定資産税評価額は全体の約67%

3. 建物と土地の固定資産税評価額の割合を販売価格に按分する

最後に、算出した固定資産税評価額の割合を中古住宅の販売価格に按分し、建物部分の販売価格に消費税の税率を掛け算すれば、中古住宅の消費税額を算出できます。

販売価格が2500万円の中古住宅の消費税額計算例
・建物部分の販売価格=全体の約33%(825万円)
・土地部分の販売価格=全体の約67%(1675万円)
・建物部分の販売価格(1675万円)×消費税率(10%)= 中古住宅の消費税額(167,500円)

中古住宅の消費税を計算する方法

まとめ - 消費税が掛かる物件には「すまい給付金」が期待できる

中古住宅の購入を希望するものの消費税が気になる方へ向けて、消費税が掛かる中古住宅の条件や、中古住宅の消費税を計算する方法をご紹介しました。

多くの中古住宅は、不動産業者を仲介させつつ売りに出されている、個人がマイホームとして使用していた中古住宅であり、それに該当する物件には消費税が掛かりません。

反対に、不動産業者が直接販売する中古住宅や、個人事業者が売りに出す事業用として利用されていた物件を購入する場合は、消費税が掛かります。

ただし、消費税が掛かるのは、中古住宅の建物部分の販売価格のみであり、中古住宅の土地部分には掛からないため留意してください。

中古住宅の消費税額が分からない場合は、ご紹介した方法で算出できますが、上手く計算できない場合は、その中古住宅を取り扱う不動産業者に問い合わせれば速やかに確認できます。

また、一定の条件を満たしつつ、不動産業者が販売する消費税が掛かる中古住宅を購入した場合は、すまい給付金による最大50万円の助成金を受給することが可能です。

すまい給付金について詳しくは、当サイトのコンテンツである「中古住宅の購入を対象とする「すまい給付金」の受給条件を解説」をご確認ください。