知らないと後悔するかも!不動産が仲介される仕組み

不動産が仲介される仕組み(購入編)

不動産は、不動産業者を仲介させつつ購入すれば安心です。

しかし、不動産屋が不動産を仲介する仕組みは、意外と知られていません。

仕組みを把握しないまま売買すると、不動産業者の言うがままに物件を購入し後悔するかもしれません。

そこで、今回の「誰でもわかる不動産売買」では、不動産の購入を希望する方へ向けて、不動産業者を仲介しつつ不動産が売買される仕組みと、仲介方法の種類を図解でご説明しましょう。

目次

1. 仲介には単独仲介と共同仲介がある

不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する場合は、売主から売却を依頼された不動産業者を仲介させつつ、その不動産を売買するのが一般的です。

そして、それに該当する仲介方法を単独仲介と呼び、単独仲介の仕組みを図解でご説明すると以下のようになります。

不動産が仲介される場合における単独仲介の仕組み

以上が単独仲介の仕組みです。

また、不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する際は、共同仲介という方法で売買することもあります。

共同仲介とは、2社の不動産業者が連携しつつ買主と売主を引き合わせ、1つの不動産の売買を仲介する方法であり、仕組みを図解でご説明すると以下のとおりです。

不動産が仲介される場合における共同仲介の仕組み

このように不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する場合は、単独仲介、または共同仲介で売買することになります。

不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する際は、2種類の仲介方法があるため留意してください。

続いて、単独仲介と共同仲介の仕組みを詳しくご説明しましょう。

▲ 目次に戻る

2. 単独仲介(単独媒介)の仕組み

単独仲介とは、1社のみの不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する方法です。

たとえば、売主が不動産業者に不動産を売却したいと伝え、その仲介を依頼したとします。

依頼を受けた不動産業者は、アットホームに広告を出すなどして購入希望者からの連絡を待ちます。

そして、購入希望者が現れれば、不動産業者は購入希望者と売主との間を取り持ち、売買価格や代金の支払い方法、引き渡し時期などを調整しつつ売買を仲介します。

仲介が済めば、売主と買主の双方から仲介手数料が支払われ、その仲介手数料で不動産業者は利益を得ます。

ただし、いい加減な方法で売買を仲介したり、引き渡された不動産に欠陥があった場合などは、不動産業者は責任を負わなければなりません。

このため、不動産会社を経営するためには国土交通大臣、または都道府県知事から受けた免許が必要です。

不動産が売買される際の単独仲介の仕組み

不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する場合は、単独仲介での購入が一般的です。

▲ 目次に戻る

3. 共同仲介(共同媒介)の仕組み

不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する際は、単独仲介で購入するのが一般的ですが、共同仲介で購入することもあります。

共同仲介とは、2社の不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する方法です。

たとえば、売主が所有する不動産の売却をA社という不動産業者に依頼したとします。

依頼を受けたA社は、アットホームに広告を出すなどして購入希望者を募りましたが、買主が見つかりませんでした。

売主から不動産の売却の仲介の依頼された不動産業者だが、買主は見つからなかった

しかし、その広告を見たB社が自社の顧客にその不動産を紹介したところ、購入することになりました。

このような場合に行われる仲介方法が「共同仲介」です。

共同仲介では、2社の不動産業者が連携しつつ売主と買主を引き合わせ、売主と買主がそれぞれ異なる不動産業者を仲介させつつ1つの不動産が売買されます。

共同仲介の仕組みを図解でご紹介すると以下のとおりです。

不動産が売買される際の共同仲介の仕組み

そして、売買が無事に成立すれば、共同仲介で不動産を売却する売主は、不動産の売却を依頼した不動産業者(先ほどのたとえ話ではA社)に仲介手数料を支払います。

また、共同仲介で不動産を購入する買主は、不動産を紹介した不動産業者(先ほどのたとえ話ではB社)に仲介手数料を支払います。

なお、不動産業界では、売主に付く不動産業者を「元付業者(もとづけぎょうしゃ)」、買主に付く不動産業者を「客付業者(きゃくづけぎょうしゃ)」と呼びます。

▲ 目次に戻る

まとめ - 不動産業者は、どちらかといえば単独仲介を希望する

不動産の購入を希望する方へ向けて、不動産業者を仲介させつつ不動産が売買される仕組みを図解でわかりやすくご説明しました。

不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する際は、1社、または2社などの不動産業者を仲介させつつ売買します。

そして、1社の不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する方法を「単独仲介」、2社の不動産業者を仲介させつつ不動産を購入する方法を「共同仲介」と呼びます。

不動産を購入する場合は、大抵は単独仲介での売買となりますが、場合によっては共同仲介での売買になることもあります。

なお、不動産業者は、可能であれば単独仲介を希望します。

その理由は、単独仲介であれば、買主と売主の双方から仲介手数料が支払われるためです。

反対に、共同仲介であれば、買主、または売主の一方からしか仲介手数料が支払われません。

不動産業者が不動産を仲介する際は、単独仲介であれば売主と買主の両者から仲介手数料が支払われるが、共同仲介であれば一方からしか支払われない

よって、どちらかといえば不動産業者は単独仲介を推奨する傾向があるため、留意しておくのが良いでしょう。

ご紹介した内容が、皆様のお役に立てば幸いです。失礼いたします。

記事公開日:2020年3月

▲ 目次に戻る