資金がなくても不動産投資は開始できる? 利用できる融資を解説

不動産投資向けのローンを紹介

お金がない、または、足りない状態で、ローンを利用しつつ不動産投資を始めることは可能でしょうか?

それは「開始できる」が答えとなります。

資金がない状態で不動産投資を開始したい方や、資金を上回る額の投資用の物件を購入したい方へ向けて、不動産投資で利用できるローンや、金利や借入限度額などをご紹介しましょう。

1. 不動産投資で使えるローンは、アパートローンとプロパーローン

融資を受けつつ不動産投資を始めることは可能で、その際は、アパートローンやプロパーローンと呼ばれる、不動産投資向けのローンを利用するのが一般的です。

以下に、それぞれのローンの特徴をご紹介します。

アパートローン

アパートローンとは、個人で不動産投資を行いたいと希望する方へ向けて、投資用の不動産を購入する資金を賄うために貸し出される融資です。

アパートローンは、主に都市銀行、地方銀行、ノンバンクなどで実施されているパッケージローン(金利などが定められている商品化されたローン)で、一定以上の年収があるなどの条件を満たすことにより利用できます。

なお、アパートローンは、不動産ローンやマンションローンなどと呼ばれることがあるため、注意してください。

プロパーローン

プロパーローンとは、個人や法人を問わず、事業として不動産投資を行いたい方へ向けて貸し出される融資です。

プロパーローンは、主に都市銀行、地方銀行、信用金庫などで実施されているオーダーメイドローン(状況に応じて金利などが定められるローン)で、アパートローンより審査が通りにくいものの、事業向けだけに、高額な資金が貸し出されるという特徴があります。

個人の方にはアパートローンが、事業者にはプロパーローンがお勧め

 

2. 金利や借入限度額、審査の通りやすさは、金融機関により異なる

アパートローンやプロパーローンを利用すれば、資金がない状態や足りない状態でも、不動産投資を行うことが可能です。

そして、それらのローンは、都市銀行、地方銀行、信用金庫、ノンバンクなどで利用できますが、利用する金融機関により、金利や融資限度額に差があります。

以下に、アパートローンやプロパーローンを実施する金融機関による、金利や融資限度額の差、審査の通りやすさをご紹介しましょう。

金融機関による、不動産投資用ローンの金利などの差

  金利 借入限度額 審査の通りやすさ
都市銀行 1%程度 年収の15倍程度まで
地方銀行 1.5%~3.5%程度 年収の20倍程度まで
信用金庫 1.5%~3.5%程度 年収の20倍程度まで
ノンバンク 3.5%~5%程度 年収の30倍程度まで

以上がアパートローンやプロパーローンを実施する金融機関における、金利や借入限度額の差で、都市銀行は金利が低いものの審査が厳しく、ノンバンクは金利が高いものの審査が易しいという特徴があります。

3. 不動産投資は、高額な不動産を購入したほうが収益が大きい

資金がない状態や、資金を上回る投資用の不動産を購入したいと希望する方へ向けて、不動産投資を行う際に利用できるローンの種類などをご紹介しました。

不動産投資には、レバレッジ効果という用語があり、手持ちの資金だけで家賃収入が低い不動産を購入するより、融資を受けつつ家賃収入が高い不動産を購入したほうが、大きな収益をあげることができるとされます。( レバレッジ効果については「不動産におけるレバレッジとは? レバレッジの旨味とリスク」で詳しく解説しています)

そのため、資金が足りない状態で不動産投資を始めたいと希望する場合は、前向きにローンの利用を検討したほうが良いかもしれません。

ご紹介した内容が、皆様に役立てば幸いです。