不動産投資の初心者の方へ向けて、6つのステップで流れを紹介

不動産投資の流れを6つのステップで紹介

儲かると話題の不動産投資ですが、いざ始めようとすると、何をどうすべきか見当がつかず、初心者の方は戸惑います。

しかし、不動産投資には流れがあり、流れを把握すれば、初心者の方も問題ありません。

これから不動産投資を始めようとする初心者の方へ向けて、不動産投資の流れを6つのステップに分けて解説し、投資用の不動産を探すために役立つ3つのサイトをご紹介しましょう。

1. 6つのステップで解説する不動産投資の流れ

これから不動産投資を始めようとする初心者の方は、第一に、不動産投資の流れを把握するのがお勧めです。

不動産投資を始めようとする初心者の方へ向けて、投資用の不動産を購入し、利益が出るまでの流れを6つのステップに分けてご紹介しましょう。

ステップ1. 不動産を探す
不動産投資には、なんといっても不動産が不可欠で、物件を購入する必要があります。

よって、不動産投資の流れのステップ1は、投資用の不動産を探すことです。

投資用の不動産は、市街地にある不動産屋に問い合わせたり、投資用の不動産ばかりを取り扱う業者に相談すれば見つかります。

また、ネット上には、不動産投資向けの収益物件の情報ばかりを掲載するサイトが存在するため、それを利用するのも有効です。

なお、この記事の後半では、不動産投資向けの物件を探すのに丁度良い、3つのサイトをご紹介しています。
ステップ2. 銀行に融資の相談をする
不動産投資は、安価な物件を購入して安い賃料で貸すより、高価な物件を購入しつつ、高い賃料で貸すほうが、たくさん儲かるとされます。

そのため、不動産投資を始める際は、許される範囲の中で、高額な物件を購入するのがお勧めです。

そして、手持ちの資金を上回る額の物件を購入したいと希望する場合は、銀行に相談すれば、融資を受けられる可能性があります。

よって、不動産投資の流れの2つ目のステップは、「購入を希望する不動産が見つかったものの、資金が足りない場合は、銀行に融資の相談に行く」となります。

なお、手持ちの資金の範囲で、不動産投資を始める場合は、銀行への融資の相談は不要です。

また、不動産投資向けのローンについては、当サイトのコンテンツである「資金がなくても不動産投資は開始できる? 利用できる融資を解説」にて詳しく解説しているため、お時間がある方はご覧ください。
ステップ3. 不動産を購入する
条件の良い物件が見つかり、銀行から融資を受けるなどして資金が揃えば、不動産を購入します。

なお、不動産を購入する際は、不動産業者に仲介手数料を払う必要があり、引き渡し後は不動産取得税が課せられ、火災保険料や地震保険料の支払いも欠かせません。

これらの費用は「諸費用」と呼ばれ、全部で物件価格の7%~10%程度になるのが通例です。
ステップ4. 管理会社を決める
サラリーマンの方が副業として不動産投資を行うために、賃貸マンションや賃貸アパートを購入した場合は、管理会社に物件を管理させるのが一般的です。

よって、不動産投資の流れのステップ4は、「管理会社を決める」となります。

管理会社は、その物件の家賃収入の5%程度の費用で、入居者の管理や空室対策、清掃や点検まで、様様な業務を請け負ってくれます。

管理会社は自分で探すこともできますが、中古の賃貸マンションや賃貸アパートを購入し、以前の所有者が管理会社に管理を委託していた場合は、そのまま継続させることも可能です。

なお、賃貸アパートや賃貸マンションは、管理会社に管理を委託せず、自分で管理することもできます。
ステップ5. 家賃が入ってくる
不動産投資の流れの5つ目のステップは、いよいよ家賃収入です。

既に入居者が存在する投資用の不動産を購入した場合は、月末になると家賃が振り込まれ、これまでの苦労が報われます。

なお、既に入居者が存在する賃貸マンションや賃貸アパートを購入し、以前の所有者と家賃の振込先を変更する場合は、入居者への告知が欠かせません。
ステップ6. 銀行に返済しつつ税金などを支払い利益が出る
銀行から融資を受けつつ不動産を購入した場合は、入ってきた家賃から元金と利息を返済する必要があります。

また、家賃が入ってくると、所得税や住民税が課せられ、それらの支払いも欠かせません。

そして、それらを支払い、手元に残ったお金が、不動産投資を行うことにより得た利益となります。
不動産投資は流れを把握すれば簡単

2. 投資用の不動産探しに役立つ3つのサイト

先に、初心者の方が不動産投資を始める際の流れとして、ステップ1は不動産を探すこととご紹介しました。

そして、投資用の不動産は、ネットでも探すことが可能です。

以下に、不動産投資の初心者の方が、投資用の不動産を探す際に役立つ3つのサイトをご紹介しましょう。

楽待
7万件を超える投資用の不動産の情報を掲載するサイト「楽待(らくまち)」です。

楽待では、投資用の不動産の情報だけではなく、不動産投資の初心者の方へ向けて、役立つコラムなども掲載しています。
健美家
健美家4万件を超える投資用の不動産の情報を掲載するサイト「健美家(けんびや)」です。

健美家では、会員登録をすることにより、高利回りと呼ばれる、特に儲かる物件の情報なども公開しています。
ライフルホームズ
ライフルホームズお馴染みの不動産情報ポータルサイト「ホームズ」が運営する「ライフルホームズ」です。

ライフルホームズの投資用不動産の情報件数は、楽待や健美家ほど多くありませんが、地域別の家賃の相場など、不動産投資に役立つ情報がたくさん掲載されています。

3. 何かを始めるときは、流れを把握すればスムーズ

不動産投資の初心者の方へ向けて、不動産投資の流れや始め方をご紹介しました。

不動産投資に限らず、何かを始めようとするときは、計画を立てることが大切です。

よって、これから不動産投資を始めようとする方は、ご紹介した流れを基礎知識として活用してください。

ご紹介した情報が、皆様に役立てば幸いです。