住宅ローンの保証料とは? 保証料の相場や払うタイミングを解説

住宅ローンの保証料の相場、いつ払うか、保証料なしの住宅ローンはあるかなど解説

住宅ローンの保証料とは、住宅ローンを利用する際に、連帯保証人を代行する保証会社に支払う料金です。

住宅ローンを利用しつつ不動産を購入したいと希望する方へ向けて、保証料の意味や相場、いつ払うか、保証料なしの住宅ローンは存在するか、保証料が返金される条件などをご紹介しましょう。

1. 住宅ローンにおける保証料とは、保証会社に支払う料金

住宅ローンの保証料とは、連帯保証人を代行する保証会社に支払う料金です。

一定の額を超える資金を金融機関から借り入れる際は、借り主は連帯保証人などを用意する必要があります。

そして、借り主が返済を滞らせた際は、連帯保証人が返済を肩代わりしますが、住宅ローンは高額な資金を借り入れるため、借り主が連帯保証人を用意するのは困難です。

そこで登場するのが保証会社であり、保証会社は借り主から保証料を取りつつ連帯保証人を代行し、借り主が住宅ローンの返済を滞らせた際は、返済を肩代わりします。

住宅ローンの保証料を支払う保証会社の役割

つまり、住宅ローンの保証料とは、住宅ローンの借り主が返済を滞らせた際に、返済を肩代わりする保証会社に支払う保証料というわけです。

なお、住宅ローンの借り主が返済を滞らせた場合は保証会社が返済を肩代わりしますが、借り主の住宅ローンが帳消しになるわけではありません。

保証会社が金融機関に代わって返済を請求し、それでも返済されない場合は、住宅ローンで購入した住宅が強制的に売却されます。

2. 住宅ローンの保証料の相場

住宅ローンの保証料とは、返済を肩代わりする保証会社に支払う料金のことです。

そこで気になるのが保証料の相場ですが、保証料には外枠方式と内枠方式があり、住宅ローンの商品によって選べる方式が異なります。

また、保証料は金融機関や保証会社、借り主の返済能力によっても異なるため、いくらになるかは断言できませんが、外枠方式と内枠方式の相場は以下のとおりです。

外枠方式

外枠方式は、住宅ローンの融資が実行される際などに、保証会社に保証料を一括で支払う方式です。

外枠方式の保証料は、借り入れ金額、返済期間、契約者の返済能力などによって異なりますが、借り入れ金1,000万円あたりの保証料は、10年で返済する場合は9万円程度、20年で返済する場合は15万円程度、30年で返済する場合は19万円程度が相場となっています。

住宅ローンにおける保証料の外枠方式の相場

よって、2,000万円を30年で返済する場合の保証料の相場は38万円程度(19万円×2=38万円)、3,000万円を30年で返済する場合の保証料の相場は57万円程度(19万円×3=57万円)と考えるのが良いでしょう。

内枠方式

内枠方式は、住宅ローンの金利に保証料が上乗せされる方式です。

上乗せされる金利は、金融機関や借り入れ金額、返済期間などにより異なりますが、おおむね0.2%程度が相場となっています。

たとえば、金利0.8%で借り入れる場合は、1.0%(0.8%+0.2%=1.0%)に引き上げられます。

また、金利0.6%で借り入れる場合は、0.8%(0.6%+0.2%=0.8%)に引き上げられます。

3,000万円を借り入れつつ30年間で返済する場合における、金利が0.8%から1.0%に上昇することによる総支払額の差は以下のとおりです。

金利が0.2%上昇することによる総支払額の差の例

金利 毎月の返済額 ボーナス時の返済額 総支払額
0.8% 84,384円 140,723円 33,758,575円
1.0% 86,842円 144,840円 34,743,057円
差額 2,458円 4,117円 984,482円

完済まで金利が変わらないと仮定しつつ試算

3. 保証料なしの住宅ローンってある?

住宅ローンの保証料は、外枠方式と内枠方式があり、方式により相場が異なるものの、いずれも高額になりがちです。

しかし、住宅ローンには保証料なしで利用できる商品も存在するため、保証料が高いと感じる場合は、保証料なしで利用できる住宅ローンの利用を検討するのが良いでしょう。

以下に保証料なしで利用できる住宅ローンをご紹介しましょう。

フラット35

住宅ローンは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が協調して貸し出す「フラット35」と、民間の金融機関が独自に商品化する「民間融資」などに大きく分類できます。

そして、フラット35は保証料なしで利用することが可能です。

ただし、フラット35は、民間融資より金利が高く設定されているため注意してください。

なお、当サイトのコンテンツである「フラット35とは? 図解でわかりやすく解説(仕組みがスグわかる)」では、フラット35の詳細や仕組みをわかりやすくご説明中です。

お時間のある方は、ぜひご覧ください。

フラット35は保証料なしで利用できる
財形住宅融資

財形住宅融資とは、職場で財形貯蓄を行う方が利用できる住宅ローンです。

財形住宅融資は、子育て世帯の方や、中小企業で働く方は特に金利が低くなるなどのメリットがあり、保証料なしで利用できます。

財形住宅融資の詳細は、当サイトのコンテンツである「財形住宅融資とは?わかりやすく解説(イラスト付ですぐわかる)」にてご確認いただけます。

ネット銀行の住宅ローン

楽天銀行などのネット銀行が独自に商品化する住宅ローンは、大抵の場合、保証料なしで利用できます。

また、ネット銀行が独自に商品化する住宅ローンは、フラット35などより金利が大幅に低く設定されているのが通例です。

ただし、ネット銀行の住宅ローンは、審査が難しいという特徴があるため注意してください。

4. 住宅ローンの保証料は、いつ払う?

住宅ローンの保証料とは、保証会社に支払う料金であり、ときには数十万円と高額になります。

そこで気になるのが保証料をいつ払うかですが、この記事の「2. 住宅ローンの保証料の相場」でご紹介した外枠方式と内枠方式により異なり、以下のとおりです。

外枠方式

外枠方式は保証料を一括で支払う方式であり、保証料を支払うタイミングは融資実行時になるのが通例ですが、金融機関によっては、融資実行日の3~4日前などに請求することもあります。

そのため、正確な保証料の支払い日は、住宅ローンを利用する金融機関にいつ払うか問い合わせるのが確実です。

なお、住宅ローンの種類によっては、保証料を含めた資金を借り入れたり、借り入れ金から保証料を差し引くことを希望することが可能です。

内枠方式

内枠方式は、0.2%などの金利が上乗せされる方式です。

よって、内枠方式の場合は、毎月少しずつ保証料を支払うことになります。

住宅ローンの保証料は、いつ払う?

まとめ - 外枠方式で繰り上げ返済すると保証料が返金される

住宅ローンの諸費用である保証料についてご紹介しました。

住宅ローンの保証料とは、連帯保証人を代行する保証会社に支払う料金であり、資金が貸し出される際に一括で支払う外枠方式と、0.2%程度の金利が上乗せされる内枠方式があります。

保証料は高くなりがちですが、フラット35や財形住宅融資などの住宅ローンは保証料なしで利用することが可能です。

なお、住宅ローンは予定より早く返済する「繰り上げ返済」という返済方法がありますが、外枠方式は返済期間により保証料が増減するため、繰り上げ返済すると保証料の一部が返金されます。

ただし、返金される額は、融資実行時に支払った保証料の1割程度であるため、あまり期待しない方が良いかもしれません。

住宅ローンの保証料は繰り上げ返済すると返金されるが、あまり期待しない方が良い

また、内枠方式で繰り上げ返済すると、その後の保証料を支払う必要がなくなり、その結果、大抵の場合は外枠方式より支払う保証料の総額が少なくなります。

よって、繰り上げ返済をする予定がある場合は、保証料は内枠方式を選ぶのが良いでしょう。

記事公開日:2018年8月
最終更新日:2020年4月