住宅ローンの仮審査に落ちた方必見! 確認される5つの信用情報

住宅ローンの仮審査で重視される5つの信用情報とは?

住宅ローンの仮審査に落ちたのであれば、あなたの信用情報に問題があったのかもしれません。

住宅ローンの仮審査を申し込むときは年収や借入希望額、返済計画などが大切とされますが、信用情報も重要です。

住宅ローンの仮審査に落ちた方へ向けて、住宅ローンの仮審査を申し込んだ際に金融機関が確認するあなたの5つの信用情報をご紹介しましょう。

1. そもそも信用情報とは?

信用情報とは、全国銀行個人信用情報センターなどが管理する、あなたのお金に関する様々な情報です。

住宅ローンの仮審査の際に照会される信用情報とは?

信用情報の主な内容は、クレジットカードの利用状況やローンの返済状況などで、全国各地の銀行やクレジットカード会社などから収集されます。

そして、住宅ローンの仮審査の申し込みを受けた銀行は、全国銀行個人信用情報センターに申込者の信用情報を確認しつつ審査します。

よって、住宅ローンの仮審査に落ちた理由は、年収や借入希望額に問題があったのではなく信用情報が問題視されたのかもしれません。

2. 住宅ローンの仮審査で重視される5つの信用情報

住宅ローンの仮審査の申込みを受けた金融機関は、申込者の信用情報を照会しつつ審査します。

そして、信用情報には、申込者のお金に関する様々な情報が記されていますが、住宅ローンの仮審査の際に重視されるのは以下の5つです。

その1. 取引情報

取引情報とは、過去5年間に利用したローンや、契約しているクレジットカードの数や種類、キャッシング状況、返済状況などに関する情報です。

住宅ローンの仮審査の際は、特に返済状況が重視されるため、何かしらのローンを返済している途中であったり、返済を遅延したことがあるなどして仮審査に落ちた場合は、取引情報が原因の可能性があります。

そのため、住宅ローンの仮審査に申し込む際は、事前に自動車ローンを一括で返済したり、クレジットカードのキャッシング枠を下げるなどして、借金とは縁がない、または借りてもすぐ返す質(たち)であることをアピールしておくことが大切です。

その2. 不渡り情報

不渡り情報とは、手形や小切手の不渡りに関する経歴が記載された情報です。

事業を行うなどして不渡り手形を出したことがある場合は、ここに情報が記されます。

よって、そのような経歴がありつつ住宅ローンの仮審査に落ちた場合は、不渡り情報が理由かもしれません。

その3. 官報情報

官報情報とは、破産や民事再生手続に関する経歴が記載された情報です。

過去10年間に何かしらのローンを返済できず破産したり、事業を行い民事再生手続きを行ったことがある場合は、ここに情報が記されます。

それらの経歴があり、住宅ローンの仮審査に落ちた場合は、官報情報が原因かもしれません。

その4. 本人申告情報

本人申告情報とは、過去5年間の本人確認資料の紛失や盗難に関する経歴が記載された情報です。

運転免許証や保険証などを紛失し、金融機関に届け出た経験がある場合は、ここに情報が記されます。

過去に運転免許証や保険証などを紛失し、なりすましの被害などにあった経験があり、住宅ローンの仮審査に落ちた場合は、本人申請情報に問題があると判断された可能性があります。

その5. 照会記録情報

照会記録情報とは、各銀行やクレジットカード会社などが過去6ヶ月以内に行った、あなたの信用情報の照会履歴です。

たとえば、あなたが過去6ヶ月以内にクレジットカードのキャッシング審査を申し込んだのであれば、クレジットカード会社が信用情報を照会しています。

そして、その照会した記録が照会記録情報として残っています。

また、あなたが過去6ヶ月以内に住宅ローンの仮審査を他の銀行に申し込んだのであれば、その銀行が信用情報を照会し、その照会した記録が照会記録情報として残っています。

そのため、そのような経験があり、住宅ローンの仮審査に落ちたのであれば、銀行に良く思われなかったのかもしれません。

心あたりがある場合は、6ヶ月間ローンの申込みや住宅ローンの仮審査の申し込みを休みつつ、照会記録情報を一旦綺麗にするのが良いでしょう。

3. 信用情報が気になる場合は、自分で取寄できる

住宅ローンの仮審査に落ちた理由は、収入額や借入希望額ではなく信用情報が原因の可能性があるとご紹介しました。

そこで気になるのが信用情報の内容ですが、全国銀行個人信用情報センターはあなたの信用情報を開示します。

開示は郵送にて行われ、1,000円の事務手数料や本人確認資料、申込書などが必要ですが、全国銀行個人信用情報センターのホームページ内にある「全国銀行協会 本人開示の手続き」にて申込み方法を確認することが可能です。

住宅ローンの仮審査に落ちつつも原因に心当たりがない場合は、ご自分の信用情報を取り寄せ、内容を確認するのが良いでしょう。

住宅ローンの仮審査で確認される信用情報は自分でも照会できる

まとめ - 仮審査は、一度に複数受けた方が良い

住宅ローンの仮審査に落ちた方へ向けて、審査の際に金融機関が確認する信用情報についてご紹介しました。

住宅ローンの審査は大変ですが、辛いのは今だけで、乗り越えれば明るい未来が待っています。

仮審査に落ちたときは落ち込みますが、グッと踏ん張りつつ前進してください。

なお、この記事の「その5. 照会記録情報」にてご紹介しましたが、仮審査に申し込むと銀行が信用情報を照会し、その後6ヵ月間は、その照会した記録も信用情報に残ります。

つまり、短期間に仮審査に申し込みつつ落ち続けると、銀行がそれを察しやすくなるというわけです。

住宅ローンの仮審査で紹介記録情報を照会する銀行員

そのため、仮審査に落ちた後に再び仮審査を受けるのであれば、6ヵ月の間を置きつつ照会記録情報を一旦綺麗にし、その後複数の銀行に一斉に申し込むのが良いでしょう。

そうすれば、銀行が「他の銀行の仮審査に落ちた」と察しにくくなります。

ただし、複数の銀行に仮審査を申し込みつつ一斉に通った場合は、本審査は1本に絞ってください。

複数の本審査を受けることも可能ですが、本審査には多くの書類の提出を求められ多大な労力を要し、複数を熟すのは大変です。

また、住宅ローンは各銀行が商品化した「民間ローン」、住宅金融支援機構と銀行が協力して貸し出す「フラット35」などがありますが、フラット35は比較的審査が穏やかです。

よって、民間ローンの仮審査に落ちたのであれば、次はフラット35に申し込むという手もあります。

さらに、職場で財形貯蓄を行う方であれば財形住宅融資を選ぶのも悪くはありません。

子育て世帯の方や、従業員数が300人以下の職場で働く方であれば、財形住宅融資は特に金利が低くなります。

財形住宅融資について詳しくは、当サイトのコンテンツである「財形住宅融資とは?わかりやすく解説(イラスト付ですぐわかる)」をご覧ください。

ご紹介した内容が、皆様のお役に立てば幸いです。失礼いたします。