住宅ローンの種類とメリットを解説(実は3種類しかない!?)

実は3種類しかない!? 住宅ローンの種類とメリットとデメリット

住宅ローンといえば種類が多く難解ですが、大きく分けると実は3種類しかありません。

その3種類の特徴を把握すれば住宅ローンのあらましを理解することが可能で、ローンを組みつつ住宅を購入しやすくなります。

住宅ローンの種類がわからないとお困りの方へ向けて、住宅ローンの種類と、それぞれのメリットやデメリットをわかりやすくご説明しましょう。

1. 住宅ローンは、フラット35、民間融資、公的融資の3種類

種類が多く複雑な印象を受ける住宅ローンですが、大きく分けると「フラット35」「民間融資」「公的融資」の3種類です。

住宅ローンの種類

以下にそれぞれの住宅ローンのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

1-1. 住宅ローンその1「フラット35(協調融資)」

はじめにご紹介する住宅ローンはフラット35です。

フラット35は、国土交通省と財務省が管轄する住宅金融支援機構と、民間金融機関の連携により貸し出される住宅ローンで、もっとも知名度が高い住宅ローンといえます。

フラット35は、三菱UFJや三井住友などのメガバンクはもちろん、横浜銀行や千葉銀行などの地方銀行、京都中央信用金庫や岡崎信用金庫などの信用金庫、楽天銀行やイオン銀行などのネット銀行など、ありとあらゆる金融機関で取扱中です。

そして、フラット35には、以下のメリットとデメリットが存在します。

フラット35のメリット
フラット35は、他の住宅ローンより審査が通りやすく、返済期間中に金利が変わらないという特徴があります。

よって、フラット35は、借りやすくて返済計画が立てやすいのがメリットです。

なお、フラット35は全国各地の様々な金融機関で取扱中ですが、金利は銀行により異なり、主に年1.3~1.8%程度となっています。
フラット35のデメリット
フラット35は完済まで金利が変わらないため、景気が良くなることにより金利が高くなることがありませんが、その代り、他の住宅ローンより最初から金利が高めに設定されています。

よって、フラット35は、返済金額が高額になるのがデメリットです。

また、フラット35は新築、中古住宅を問わずご利用いただけますが、一定の耐震基準を満たすなど、高品質な住宅を購入する際しか利用できないというデメリットも存在します。

1-2. 住宅ローンその2「民間融資(民間ローン)」

2つ目にご紹介する住宅ローンは民間融資です。

住宅ローンにおける民間融資とは、メガバンクや地方銀行、信用金庫、労働金庫など、全国各地の民間の金融機関が実施する、形式に囚われない自由な住宅向けのローンを表します。

住宅ローンの種類のひとつである民間融資とは?

民間融資のメリットやデメリットは以下のとおりです。

民間融資のメリット
フラット35は完済まで金利が変わらないため、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

これに対して民間融資は、金利固定型(完済まで金利が変わらない返済方式)や変動型(定期的に金利が見直される返済方式)など、多種多様なローンが商品化されているため、ご自身の収入状況に合った住宅ローンを選ぶことが可能です。

また、それらの多種多様な住宅ローンの中には、怪我をして働けなくなった場合は返済が免除されるなど、民間ならではの個性的なローンも用意されています。

よって、多種多様なローンから、自分に合った住宅ローンを選べることが民間融資の最大のメリットです。
民間融資のデメリット
民間融資は、たくさんの種類から住宅ローンを選べ、怪我をして働けなくなった場合は返済が免除されるなど個性的な商品が目立ちます。

しかし、それらの個性的な住宅ローンは、大抵の場合、半年に一度金利が見直される金利変動型です。

そして、金利変動型は、金利が見直されて高くなると返済額も高くなります。

よって、多くの種類から商品を選べるものの、魅力的な住宅ローンは返済総額が高くなる虞がある金利変動型であることが民間融資のデメリットといえます。住宅ローンの金利の種類

1-3. 住宅ローンその3「公的融資(公的ローン)」

3つめにご紹介する住宅ローンは公的融資です。

住宅ローンにおける公的融資とは、国や自治体などが貸し出す公的な融資を表します。

公的融資には様々な種類が存在しますが、主に利用されるのは、職場で1年以上財形貯蓄を続け、残高が50万円以上ある人が利用できる「財形住宅融資」です。

以下に財形住宅融資のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

財形住宅融資のメリット
財形住宅融資は、5年に1度金利が見直される限定固定金利型で、フラット35より金利が安く、公的な融資だけに安心して利用できるというメリットがあります。

また、財形住宅融資は、働く子育て世帯の方や、従業員数が300人未満の職場で働く方は更に金利が安くなるなどの特例措置が儲けられているため、労働者向けの住宅ローンといえます。

なお、2020年の2月の時点での財形住宅融資の当初5年間の金利は年0.82%などであり、働く子育て世帯の方や、従業員数が300人未満の職場で働く方は年0.62%などとなっています。
財形住宅融資のデメリット
財形住宅融資は低金利であることがメリットですが、借り入れできるのは財形貯蓄の10倍までの額であり、最高4,000万円です。

そのため、財形貯蓄の10倍を超える住宅を購入したり、4,000万円を超える住宅を建てたいと希望する場合は、全額を借り入れることができません。

また、財形住宅融資は、5年に1度金利が見直される「金利変動型」ですが、見直されて金利が上がる場合は最高で1.5倍まで上がります。

以上などが財形住宅融資のデメリットです。

財形住宅融資について詳しくは、当サイトのコンテンツである「財形住宅融資とは?わかりやすく解説(イラスト付ですぐわかる)」をご覧ください。

まとめ - 住宅ローンの種類を表でわかりやすく解説

住宅ローンの種類をお調べの方へ向けて、その種類やメリットなどをわかりやすくご説明しました。

種類が多く複雑な印象を受ける住宅ローンですが、実は「フラット35」「民間融資」「公的融資」の3種類しかなく、表にまとめると以下のとおりです。

住宅ローンの種類 特徴とメリット 審査の基準
フラット35 住宅金融支援機構と民間金融機関の連携により貸し出される住宅ローン。

審査が通りやすいというメリットがあるものの、金利が高いというデメリットがあり、民間の金融機関に申し込む。
比較的穏やか
民間融資 民間の金融機関が独自に取り扱う住宅ローン。

個性的なローンが揃っているものの、その多くは金利変動型という特徴があり、民間の金融機関に申し込む。
やや厳しい
公的融資 財形住宅融資を中心とする公的な住宅ローン。

金利が低いというメリットがあるものの、借入できる額が少ないというデメリットがあり、職場や民間の金融機関などに申し込む。
比較的穏やか

そして、それぞれの融資から派生する形で、各金融機関が個性的な住宅ローンを展開しています。

そのため、これから住宅ローンを利用したいと希望する場合は、まずはご紹介した3種類の住宅ローンを把握し、つぎにお近くの金融機関に出向き、融資の相談をするのが良いでしょう。