中古住宅を探したい!おすすめの検索サイトや探し方ってある?

中古住宅を探したい。おすすめの検索サイトや上手な探し方ってある?

中古住宅を探す際は、ネットでの検索が便利です。

ネットで中古住宅を探せば、短時間で多くの物件情報を入手することが可能で、不動産を探す時間を短縮できます。

これから中古住宅を探し始める方や、既に中古住宅を探すものの理想の物件が見つからないとお嘆きの方へ向けて、おすすめの検索サイトや、良い物件を見つける秘訣をご紹介しましょう。

1. まずは、大手不動産検索サイトで探そう

ネットでの中古住宅探しは、まずは大手検索サイトで検索するのがおすすめです。

中古住宅を探すことができる、おすすめの大手検索サイトをご紹介しましょう。

アットホーム

テレビCMでお馴染みの不動産検索サイト「アットホーム」です。

アットホームでは、高価格から低価格まで、幅広い中古住宅の広告が掲載され、私がこの記事を書く2019年9月20日現在、18万件を超える中古住宅に関する情報が掲載されています。

アットホームの中古住宅の広告には、地図による物件の位置情報が掲載されていることがあり、不動産業者に問い合わせる手間を省きつつ、物件の立地条件をイメージすることが可能です。

中古住宅をネットで探す際は、まずはアットホームで探すのが良いでしょう。

ライフルホームズ

アットホームと同じくテレビCMを放映中で、やや高価格な中古住宅の情報を中心に掲載するのが「ライフルホームズ」です

ライフルホームズの物件情報は、都市部は強く地方に弱く、アットホームより掲載数が少ない傾向がありますが、私がこの記事を書く2019年9月20日現在、14万件を超える中古住宅に関する広告が掲載されています。

アットホームで中古住宅を探すものの、良い物件が見つからない場合は、ライフルホームズで物件を検索するのが良いでしょう。

不動産ジャパン

知る人ぞ知る不動産検索サイト「不動産ジャパン」です。

不動産ジャパンは、アットホームやライフルホームズより物件の掲載数が少なく、サイトの知名度も高くはありませんが、公益財団法人が運営しています。

そのため、「既存住宅(中古住宅)購入のポイント」や「住まいのトラブル相談室」など、アットホームやライフルホームズより不動産売買に関するハウツーが多く掲載されているのが特徴です。

また、アットホームやライフルホームズには掲載されていない掘り出し物の物件情報が掲載されていることがあるため、中古住宅をお探しの方は、不動産ジャパンを定期的にチェックするのがおすすめです。

2. 掘り出し物は、不動産業者の「小さなサイト」で見つける

ネットで中古住宅を探す際は、大手検索サイトでの検索に頼りがちですが、「○○不動産のホームぺージ」や「××不動産のホームページ」など、単一の不動産業者が運営する小規模なサイトも忘れてはいけません。

単一の不動産業者が運営する小規模なサイトは、Yahoo!やGoogleで「東京都 杉並区 不動産」「大阪市 淀川区 不動産屋」などのキーワードで検索することにより見つかり、不動産業者が運営する小規模なサイトは、大手検索サイトにはない掘り出し物が掲載されていることがあります。

ただし、単一の不動産業者が運営する小規模なサイトを利用する際は、以下の点に注意してください。

物件情報が古いことがある

単一の不動産業者が運営する小規模なサイトは、社長や社員などが空き時間に更新しているため、更新頻度が低くなっています。

そのため、サイトに掲載されている中古住宅は、すでに売却済みのことがあるため注意してください。

メールで連絡しても返事がないことがある

単一の不動産業者が運営する小規模なサイトは、メールで問い合わせても返事がないことがあります。

また、返事があっても、「この物件、まだあります。よければご連絡ください」など、極めて短文で拍子抜けすることがあります。

これは、不真面目ではなく、ホームページの担当者がPCの操作に疎く、タイピングが苦手であることなどが理由です。

そのため、単一の不動産業者が運営する小規模なサイトで気になる中古住宅の情報が掲載されている場合は、可能であれば電話でお問い合わせください。

電話すると応対が好ましくないことがある

単一の不動産業者が運営する小規模なサイトで気になる中古住宅の情報を見つけ、電話で問い合わせると「ああ、あの物件はね、売れました」など、応対が素っ気無いことがあります。

これは、接客態度が悪いのではなく、不動産会社の社長は、良くも悪くもこんな感じであることが理由です。

そのため、応対が悪くとも、「そうですか、それは残念です。予算2000万円で中古マンションを探していますが、おすすめの物件はありませんか?」など、のんびりとしたやり取りを辛抱強く続けるように心掛けてください。

電話での応対が悪い不動産業者であっても、直接会うと大抵は気さくです。

不動産業者の小さなホームページには、掘り出し物情報が掲載されていることがある

まとめ - 不動産業者と知り合えば、いち早く情報を入手できる

これから中古住宅探しをはじめる方や、既に探すものの良い物件が見つからないとお嘆きの方へ向けて、検索サイトなど、物件の探し方をご紹介しました。

中古住宅をネットで探す際は、アットホームやライフルホームズなどの検索サイトを中心に、単一の不動産業者が運営する小さなホームページもチェックするのがおすすめです。

また、公益財団法人が運営する検索サイト「不動産ジャパン」では、不動産売買に関するノウハウが多く掲載されているため、はじめて不動産を売買する方は、不動産ジャパンも是非ご覧ください。

そして、ネットで気になる物件を見かけたときは、気軽に詳細を問い合わせ、積極的に現地を見学するなどして、不動産業者と知り合いになることが大切です。

不動産業者と知り合いになっておけば、良い中古住宅が売りに出たときに、ネットに広告を出す前に、優先して物件情報を知らせてくれます。

なお、不動産業者に物件の詳細を問い合わせる際は、その不動産業者が真っ当に営業しているか、見極めることが大切です。

不当に営業する不動産業者が仲介する中古住宅は、曰く付きのことがあります。

真っ当な不動産業者の見極め方は、当サイトのコンテンツである「中古住宅の購入に関する不安を払拭。真っ当な不動産屋の見分け方」でご紹介中のため、お時間のある方は是非ご覧ください。

ご紹介した内容が、中古住宅を探す皆様のお役に立てば幸いです。失礼いたします。