一戸建ての固定資産税はいくら?減額される条件を交えつつ解説

一戸建ての固定資産税はいくら?減額される条件を交えつつ解説

一戸建ての固定資産税は、安ければ5~6万円程度、高ければ20万円以上など様々です。

一戸建ての購入を希望される方へ向けて、新築や中古住宅の固定資産税がいくらか相場を解説し、固定資産税を計算する方法や減額される条件などもご説明しましょう。

なお、この記事をお読みになる前に、一戸建てを購入すると建物と土地を取得したことになり、その両方に固定資産税が課せられることを留意してください。

目次

1. 新築の一戸建ての固定資産税はいくら?

新築の一戸建ての固定資産税は、建築費と土地の広さ、立地条件などを鑑みつつ決定されます。

そのため、新築の一戸建ての固定資産税がいくらになるか断言できませんが、市街地に建つ新築であれば、安ければ10~20万円程度、高い場合はそれ以上が相場です。

また、郊外に建てられた新築であれば、10万円程度などが目安となっています。

新築の一戸建ての固定資産税はいくら

新築の一戸建ての固定資産税の傾向は、以下のとおりです。

新築一戸建ての固定資産税の傾向

特徴 固定資産税の傾向
建築費が高い 高くなる
建築費が安い 安くなる
鉄筋コンクリート造 高くなる
木造 安くなる
土地が広い 高くなる
土地が狭い 安くなる
立地条件が良い 高くなる
立地条件が悪い 安くなる

以上のように新築の一戸建ての固定資産税は、建築費と土地の広さ、立地条件などにより高くなったり安くなったりします。

ここから、新築の一戸建ての固定資産税を計算する具体的な方法をご説明しましょう。

▲ 目次に戻る

1-1. 新築の建物部分の固定資産税を計算する方法

新築の建物部分の固定資産税は、ひとまずは以下の式で計算します。

新築の建物部分の固定資産税計算式
固定資産税評価額 × 税率(概ね1.4%)= 固定資産税

以上が、新築の建物部分の固定資産税を計算する式です。

式の中で気になるのが固定資産税評価額ですが、固定資産税評価額は販売価格ではなく、その6割程度になるのが通例です。

たとえば、建物部分の販売価格が3,000万円の新築一戸建ての固定資産税は以下の式で計算し、税額は252,000円となります。

計算例
3,000万円×60%=1,800万円(固定資産税評価額)× 1.4%(税率)= 252,000円(固定資産税)

252,000円といえば高額ですが、一定の条件を満たせば軽減措置が適用され、3年間、または5年間にわたり固定資産税が減額されます。

固定資産税が減額される条件は以下のとおりです。

  • 床面積の2分の1以上が居住部分(住居)である
  • 居住部分の床面積の合計が50㎡以上280㎡以下である

上記の条件を満たせば、本来は252,000円である固定資産税が、一般的な新築の一戸建ては3年間、3階建て以上の耐火、または準耐火住宅は5年間にわたり半額の126,000円に減額されます。

なお、建物部分の固定資産税は、築年数に応じて徐々に安くなります。

そのため、軽減措置の適用期間が終了した3年後、または5年後に固定資産税が倍になるのではなく、1.8~1.9倍程度になるとお考えください。

▲ 目次に戻る

1-2. 新築の土地部分の固定資産税を計算する方法

一戸建ての新築が建つ土地の固定資産税は、その土地の200㎡(約61坪)までの部分と、200㎡を超える部分により計算方法が異なります。

新築の一戸建てが建つ土地の固定資産税の税額は、200㎡までの部分と200㎡以上の部分で異なる

それぞれの計算方法は、以下のとおりです。

200㎡部分までの固定資産税の計算式
固定資産税評価額 × 6分の1 × 税率(概ね1.4%)= 固定資産税

200㎡を超える部分の固定資産税の計算式
固定資産税評価額 × 3分の1 × 税率(概ね1.4%)= 固定資産税

以上が、新築が建つ土地の固定資産税を計算する式です。

式の中で気になるのが固定資産税評価額ですが、土地の固定資産税評価額は、販売価格の7~8割程度になるのが通例となっています。

たとえば、販売価格が2,000万円、面積が200㎡未満の土地の固定資産税は以下のように計算し、税額は37,333円となります。

計算例
2,000万円×80%=1,600万円(固定資産税評価額)× 6分の1 × 1.4%(税率)= 37,333円(固定資産税)
固定資産税評価額は販売価格の8割として計算

▲ 目次に戻る

2. 一戸建て中古住宅の固定資産税はいくら?

一戸建て中古住宅の固定資産税は、再建築費(その中古住宅を現時点で新築した場合の建築費)と築年数、土地の広さ、立地条件などを鑑みつつ決定されます。

そのため、一戸建て中古住宅の固定資産税がいくらになるか断言できませんが、市街地に建つ中古住宅であれば、安ければ5~10万円程度、高い場合はそれ以上が相場です。

また、市街地以外に建てられた一戸建て中古住宅であれば、5~10万円程度などが目安となっています。

一戸建て中古住宅の固定資産税はいくら

一戸建て中古住宅の固定資産税の傾向は、以下のとおりです。

一戸建て中古住宅の固定資産税の傾向

特徴 固定資産税の傾向
再建築費が高い 高くなる
再建築費が安い 安くなる
鉄筋コンクリート造 高くなる
木造 安くなる
築年数が新しい 高くなる
築年数が古い 安くなる
土地が広い 高くなる
土地が狭い 安くなる
立地条件が良い 高くなる
立地条件が悪い 安くなる

以上のように中古住宅の固定資産税は、再建築費と築年数、土地の広さ、立地条件などにより高くなったり安くなったりします。

ここから、一戸建て中古住宅の固定資産税を計算する具体的な方法をご説明しましょう。

▲ 目次に戻る

2-1. 一戸建て中古住宅の建物部分の固定資産税を計算する方法

一戸建て中古住宅の建物部分の固定資産税は、以下の式で計算します。

一戸建て中古住宅の建物部分の固定資産税計算式
固定資産税評価額 × 税率(市区町村により異なるものの概ね1.4%)= 固定資産税

以上が、一戸建て中古住宅の建物部分の固定資産税を計算する式です。

式の中で気になるのが固定資産税評価額ですが、固定資産税評価額は販売価格ではなく、築年数が古ければその5割程度、築浅であれば6割程度などになるのが通例です。

一戸建て中古住宅の建物部分の固定資産税評価額は、販売価格の5~6割程度になる

たとえば、築年数が比較的古い、建物部分の販売価格が1,500万円の一戸建て中古住宅の固定資産税は以下の式で計算し、税額は105,000円となります。

計算例
1500万円×50%=750万円(固定資産税評価額)× 1.4%(税率)= 105,000円(固定資産税)

▲ 目次に戻る

2-2. 一戸建て中古住宅の土地部分の固定資産税を計算する方法

土地の固定資産税は、原則として以下の式で計算します。

土地の固定資産税を計算する式
固定資産税評価額 × 税率(市町村により異なるものの概ね1.4%)= 固定資産税
固定資産税評価額は販売価格の7~8割程度

しかし、一戸建ての中古住宅などの住居が建つ土地には軽減措置が適用され、固定資産税が減額されます。

軽減措置が適用された場合における固定資産税の計算式は、200㎡までの部分と、200㎡を超える部分により異なり、以下のとおりです。

200㎡部分までの計算式
固定資産税評価額 × 6分の1 × 税率(概ね1.4%)= 固定資産税

200㎡を超える部分の計算式
固定資産税評価額 × 3分の1 × 税率(概ね1.4%)= 固定資産税

以上が、軽減措置が適用された場合における土地の固定資産税を計算する式です。

たとえば、土地部分の販売価格が1,000万円、面積が250㎡(約76坪)の土地の固定資産税は以下のように計算し、税額は22,400円となります。

計算例

  • 800万円(固定資産税評価額)÷ 250㎡(土地の広さ)= 32,000円(1㎡あたりの固定資産税評価額)
  • 32,000円(1㎡あたりの固定資産税評価額)× 200㎡(土地の面積)× 6分の1 × 1.4%(税率)= 14,933円(200㎡部分までの固定資産税)
  • 32,000円(1㎡あたりの固定資産税評価額)× 50㎡(200㎡を超える部分の土地面積)× 3分の1 × 1.4%(税率)= 7,467円(200㎡を超える部分の固定資産税)
  • 14,933円(200㎡部分までの固定資産税)+ 7,467円(200㎡を超える部分の固定資産税)= 22,400円(250㎡全体の固定資産税)

土地の固定資産税評価額は販売価格の80%として計算

▲ 目次に戻る

まとめ - 固定資産税は、翌年の4月ごろから支払う

一戸建ての新築と中古住宅の固定資産税がいくらかご紹介し、減額される条件を交えつつ計算する方法をご説明しました。

新築の一戸建ての固定資産税は、建築費と土地の広さ、立地条件などを鑑みつつ決定され、安ければ10~20万円程度、高い場合はそれ以上です。

また、一戸建ての中古住宅の固定資産税は、再建築費(その建物を現時点で新築した場合における建築費)、築年数により劣化した価値、土地の広さ、立地条件などを鑑みつつ決定され、安ければ5~10万円程度、高い場合はそれ以上となっています。

そして、固定資産税は、その不動産を1月1日の時点で所有する者に対して課せられ、毎年4月ごろに納税通知書が届き、同封されている振込用紙を以て納税します。

よって、年の半ばに一戸建てを取得した場合は、その年の固定資産税は課せられず、翌年の4月ごろに初めての納税通知書と振込用紙が届くため留意してください。

固定資産税はいつ払う?

ただし、一戸建ての中古住宅を購入した場合は、事情が異なります。

先にご紹介したとおり固定資産税は、その不動産を1月1日の時点で所有する者に課税されるため、年の半ばで売買された中古住宅の固定資産税は、既に物件が引き渡された状態であっても売り主に課せられます。

つまり、中古住宅の売り主からすれば、既に所有していない不動産の固定資産税を支払うことになるというわけです。

この状況は、公平ではありません。

そのため、一戸建ての中古住宅が売買される際は、物件代金を決済すると共に、その年の固定資産税を日割りで計算しつつ、買い主が売り主に清算するのが通例となっています。

ご紹介した内容が、一戸建ての購入を希望する皆様のお役に立てば幸いです。失礼いたします。

記事公開日:2020年5月

▲ 目次に戻る